c

電通に対して「働きやすい」と国が認定していたというニュースについて

先日長時間労働などが原因で、最悪なことに社員の一人が自殺した電通に対して、あろうことか国が、労働時間短縮に取り組み、それに働きやすい「子育てサポート企業」に認定していたことが報じられました。しかも、結局最後は取り消すことになりましたが。
【電通女性社員自殺】電通「働きやすい」認定取り消し検討 厚労相「厳正対処」 – 産経ニュース

これは電通さん体を張った一世一代のギャグですね。まぁ、会社のブランドイメージを向上させたいという意図はわかるのですが、このような過酷な労働が常態化していたということは、この認定に関して社員たちにとってみれば、うれしいというより冷ややかな目を向けていたのかもしれません。

私個人としては電通はこれから過酷な勤務形態を改めて欲しくはないですね。

このままでは普通のいい会社になってしまうじゃありませんか。

日本を代表する企業なのですからこれぐらいの問題は簡単にはねのけて欲しいものですね。

とはいっても世間はそれを認めるはずもありませんが。