c

経済成長率の下方修正は必然だ!

先日の参議院選挙では自民党は今の好景気の景況を企業だけでなくて個人にいきわたらせるみたいな話をしていることが多かったと思いますが、実はそんな状態ではないことを今回の経済成長率の下方修正は教えてくれていると思います。

アベノミクスによって株高、円安などの恩恵を受けて企業の収益は上がりましたが、それももう終わりなんだと思います。

つまり、これからは個人だけでなくて企業も経済的に厳しい状態に突入していくと考えられるからです。

経済は結局は上向きになったり、下向きになったりといった循環をしていくものですが、それが今下向きの循環に入ったのではないかと考えられるわけです。

株価は経済を映す鏡で、しかも先行していく傾向がありますが今年に入ってからの下落傾向はまさにその機能を果たしているといえると言えますね。

企業の経済状態が悪化してくるっていうことはさらに今後は個人の状態が厳しくなると考えられます。

個人はもやは企業には頼らず自分自身でのことは自分で守っていかなければならいのです。

今年度の経済成長率の見通しを下方修正(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース