c

病気は治療から予防へと。そのなかでサプリメントは。

サプリメントは現在の生活においてはかなり深く浸透してきました。これは一般的に健康志向の高まりがそうさせているものだといえますが、今後はこのサプリメントが病気において治療から予防へとの流れを作り出していくのではないかと思います。

高齢化がどんどんと進むなかで、2020年代には、団塊の世代が70代に突入します。これが意味するところは、医療費がさらに高騰して、財政を圧迫することをですね。

今現在大借金大国日本になってしまっているのに、これ以上の医療費がかさむとなれば、もう治療費を賄うことは財政上できなくなってしまう可能性すらあります。

となれば、やはり治療から予防への流れは行政側としても推し進めたいのではないかと考えられますよね。

こうした観点からも今後はサプリメントというものがさらに浸透していくのではないかと考えられます。