c

企業の景況感が悪化した事を受けて

企業の景況感は日本銀行がいつもリサーチしてしますが、その景況感の一つである日銀短観がどうやら冷え込んでいるみたいですね。

それを受けて、今日の東京株式市場は大きく値下がりしたみたいですが、まあ、中国経済が減速していることを考えれば当然の結果と言ってもいいかも知れません。

今の日本企業で、いわゆる大企業と呼ばれる企業は中国を中心とした東南アジアでの売り上げが、会社全体の3割以上なんていうのはざらにあるわけですから。

となると、今後株式市場は一時的に値上がりするかも知れないですが、おおむね下落傾向に傾いていくと考えてもいいのではないかと思います。

もっといえば、中国経済の減速に回復の兆しが見られない限りは、下落傾向はおそらくですが、続くと考えてもいいのではないでしょうか?

去年までは右肩上がりに上がり続けてきた株式市場ですが、ターニングポイントは既に通過したとみてもいいような気がします。