c

主婦は家庭を守るだけの存在ではなくなった。

一昔前は、女性は家庭に入って、夫が仕事にでる。そんな家庭像がいわゆる理想的というか一般的なイメージがありましたが、この形がもはや完全に崩れてしまった状態にある、といっても過言ではないようですね。

夫が会社に勤めていたとしても、今の経済環境では順調に給料が増えていくような雇用状態ではありません。特に、年功序列の弊害が大手企業でもちらほらとでてきてからは、企業内格差と言われる程の賃金格差もでてくるようになりました。

つまり、長い間企業に勤めたからといって、収入が増えるわけではない、という事。

となれば、子育てなどで増えていく家計にかかるお金を賄っていくためには、妻が外にでて稼がなければならない状態になります。

いわゆる共働き。

以前は、仕事をしたいと思っている女性が共働きの家庭になっていましたが、現在ではそうではなくて、共働きせざるを得ない状態になっている家庭が増えているといってもいいのではないかと思います。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/132-23e.html