c

三菱UFJ銀行の社長が日銀批判

三菱UFJ銀行の社長が今の金融政策に対して批判をしているようです。今の金融政策というのは当然金融緩和によるマイナス金利の状態のことですが、銀行側としてはマイナス金利になれば、負担しなければいけない費用が上がるので、まあ当然といえば当然。

ですが、ここで一言言いたいのは、今まで散々守られてきた業界の企業がいったい何をいっているのだろうか?と思ってしまいますね。少しだけ経済政策で費用が増えてしまっては利益が圧迫されるっていう事だと思うのですが、これまで法律や国に守られてきた企業の発想とも言えます。

公益性が高い企業が国ある程度守られることは合理的だとは思いますが、そういつまでも甘えん坊の状態でいいのでしょうか?

一般的な企業は、こうした金融政策込みで自分たちの企業の戦略を立てるものですが、銀行、特に大手銀行にはその考えはないようですね。

というか、社長が直接愚痴を言っていることを考えれば、まずゼロだといってもいいと思います。