c

ジョブズ亡き後のアップルはもう終わりか?

スティーブジョブズが亡くなってから明らかにアップルの業績は勢いがなくなってきていますね。アイフォンは世界中でヒットしましたが、それも今は飽和してきました。

 

で、今アップルの役員たちは何をいっているのか?というと、アンドロイドからシェアを奪っている、って・・・・。

 

スティーブジョブズがもし生きていたら、こんなことは言わないですね。

 

まず、アイフォンの市場が飽和するのを見越して次の戦略に梶を切っていたと思います。

 

例えば、アイカーとか。アイフォンと車が合体したものなんかを本気で作りにいっていたのではないかと思います。

 

グーグルはアメリカのシリコンバレーで無人カーをどんどん走らせてテストし続けているみたいですが、この流れにもアップルは乗れていないのではないでしょうか?

 

投資に臆病になってしまっている。そんな感じが今のアップルにはあると思います。

 

 

スマートフォンの市場シェアを取りに行くこと自体はとても大切な事だと思います。事業を遂行していくうえでは。

 

しかし、それでは成長は望めないと思うんですね。また新たなの市場へと舵を切ってほしいな。それでこそ大ベンチャー企業のアップルではないでしょうか?