c

シャープ買収はこれでホンハイに決定か?

経営再建をするために、どこの企業からの出資を受け入れるかについてだいぶもめにもめていたシャープですが、どうやらホンハイで決定する見通しのようですね。

当初の買収金額よりも1000億円程低い金額による買収となるようですが、これには偶発債務のリスクを考慮した結果だという事です。

偶発債務というのは、シャープが過去に行った取引のなかで、今後将来に向かって負担する可能性がある債務のことですが、そのリスクが1000億円もあるとホンハイは判断したという事です。実際は、もっと大きな金額があると考えているようですが。

シャープの財務分析の結果そうなったわけですが、いったいどんな取引がこの金額の根拠となっているのでしょうか?

それがものすごく気になりますよね。だって、本当にその偶発債務が発生すれば、巨額の負債を抱え込むことになるわけですから。

となれば、また経営再建は遠のく。

投資家の目線で見るとシャープというのは本当に危険な会社だ、という事なのかも知れないですね。