c

ついに安部ノミクスも限界か?

株価の急激な下落をうけて、経済政策をとっている重鎮たちはどうやら次の対策を考えているみたいですが、株価の下落ってそう簡単には止まるものではないんだと思います。

 

というのも、歴史的な視点で考えると、株価の下落と上昇は必ず繰り返しているからです。

 

上がるときもあれば下がるときもある。これが株価というものだと思うんですね。

 

今後の株価がどうなるかは神のみぞしるというのが実際のところかも知れないですが、これまで安部ノミクスで上昇してきた経緯いを見ると、そろそろ安部ノミクスの限界ではないかと思います。

 

安部ノミクスは富裕層をまずはターゲットにして、そこから富の分配を促すことによって、日本経済全体を底上げしようとした政策だと思うのですが、この富の分配というのはそう簡単に進むものではありません。

 

むしろ時間のかかるものであり、そのタイムリミットが近づいている、と考えるのが今の経済情勢というところだと思います。