c

AI事業参入が続々と。

人工知能は次世代の大きな産業となることがほぼ確実視されている産業分野ですが、この分野にはアメリカのIT関連企業などが既にどんどん参入しています。

日本においてももちろん、IT系の大手企業がわれ先にと参入していますが、個人的に気になるのは異業種からの参入ですね。

日本では自動車製造業として大成功しているトヨタが、アメリカでAI事業を本格的に始めたようですし、ソニーもまた参入するようですからね。

で、ちょっと思うのがトヨタやソニーが本業とはまた別の路線でビジネスを展開しようとしているところに違和感がどうしてもでてきてしまうんですね。

というのも、既にAI事業の競争というのは熾烈を極めている状態ですが、こうした非常に厳しい環境で競争に勝ち残っていくことができるのか?と疑問に思うわけです。

あまり、今やっている事業と離れたカテゴリーで戦うのは良い戦略とは言えないような気がするのですが・・・。