c

集中力を高めて行うには。

それには、環境を整備しておくことがぜひとも必要です。集中には客観的刺激も見のがせない。

あるテーマに精神を集中している最中に隣からラジオやテレビが聞こえてくれば、だれでも精神の集中がむずかしくなる。また、机の上やそのまわりをきちんと片づけておくことだ。整理整頓といった、目から入る刺激も集中に大きな影響を及ぼすからだ。次に気を散らす仕事を片づけておくことです。

たとえば明日までに仕上げなければならない仕事を一方にかかえながら、なにかほかのことに精神を集中しようとしても無理な相談です。だから、このような「気になること」はできるだけ早く片づけておくことが精神集中に役立つことになる。 

仕事の締切りを決めておくことも精神集中におおいに役立つ。「いつでもよい」ということは「いつまでもできない」ということです。だから、いつまでにやるという仕事の目標日を決め、自分自身をそのなかに投入することによって精神的興奮をおこし、集中へのエネルギーを増大させるのです。 

これ’は精神集中の一番根本的な面ですが、それは前述したように、そのことに興味と関心を抱くことです。どんなに精神を集中しようとしても、まったく興味と関心のもてないような事柄には集中することができない。これに反して、ある活動に興味をもって熱中するならば、能力もしだいに増していき、精神集中の度合いも深まるものです。とにかく「やる気のなさ」が精神集中の大敵ですことをよく覚えておくことだ。 

また、自分一人で努力するだけでなく、外部の道具とか支援によってあなたの努力を支えるのも、集中力を増すのに役立つ。
①会社であなたが秘書を使っているのだったら、彼女があなたを邪魔者から守ったり、締切日を思い出させたり、気が散るのを防いだりするのに役立つだろう。
②家にいるときには、家族全体があなたが大切な仕事をしようと思っているときの 援護にあたらなければならない。
③会議が始まるとか、患者がくるとか、それを仕上げるのを待っている人がいると かいった、のっぴきならない外部事情をつくっておいて、自分を刺激するのもよい。
④人といっしよに仕事をする組織をつくることも精神集中に役立つ。ただし、気ま ぐれな人とは組まないことだ。そして、相互にアイデアを交換しあうのです。そ うすることによって、あなたの全努力は、あなたの考えを表現することに集中され るようになる。