c

鉄分は大事。サプリメントならヘム鉄を。

鉄は全身に酸素を運ぶ重要な役割をしていますよね。赤血球に含まれているヘモグロビンを構成するミネラルが鉄分です。

 

人の体の中には、だいたい3g~4gぐらいが存在しているとされていますが、そのうち約70%は赤血球のヘモグロビン、そして筋肉中に存在しているミオグロビンと呼ばれるたんぱく質を構成しています。これらの鉄は機能鉄とも呼ばれています。

 

あとの残りは、肝臓や骨髄、脾臓などに蓄えられていて、もし機能鉄が必要になっているのに足りない状態になった場合に血液中に放出される仕組みになっています。

 

閉経前の女性は毎月の月経で血液を失うことになるので、鉄欠乏性貧血になりやすいんですし、また、妊娠時は赤ちゃんの分まで鉄分が必要になるので、やっぱり貧血になりやすいです。

 

ですので、女性は特に鉄分が不足しないように常日頃から意識して鉄分を摂る事が推奨されます。

 

 

さて、このときに体に取り入れる鉄分ですが、できるだけヘム鉄を摂るようにしましょう。

 

 

というのも、鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄がありますが、非ヘム鉄の場合、体へ吸収される効率がヘム鉄よりも悪いんですね。

 

 

体に吸収される効率が悪くなれば、当然貧血対策としての効果も減ってしまいます。鉄分サプリを飲んでみたけれど、いまいち効果がなかった、という人は、その鉄分サプリはもしかしたら非ヘム鉄だったかも知れないですよ。

 

 

ですので、もし鉄分のサプリを購入して飲むのであれば、ヘム鉄で作られたサプリメントを摂るようにしましょう。

 

それと、もう一つ注意点としては、ヘム鉄のサプリメントを選ぶ際は、どれだけの1粒とか1日の用量で、どれだけのヘム鉄がとれるか?というのもちゃんとチェックしておいた方が良いですよ。

 

ただ単にヘム鉄が含まれてます、と言っても含有量が少ない場合もありますから。

 

ヘム鉄 サプリメントは参考になるので、見てみた方が良いと思います。