c

自分らしくいられるために

先日読んだ本の中で、心に残った言葉があり、時々思い出してしまいます。

大人は子供の心を抱えたまま、大人になっているようなことが書かれていました。

普段は大人同士の付き合いをするために、大人らしい振る舞いが要求されます。

しかし、辛いことがあると、心の中の子供の部分が大きくなってしまいます。

子供の自分を出すことによって、今の辛い状況から逃れたいという願望があるのかもしれません。

大人は子供の上書きではなく、大人というたくさんの衣服を重ね合わせてきているだけなのかもしれません。

大人でも時には自分らしさに戻るためにも、子供の自分を思い出すのも良いと思います。

年齢を重ねても、心の中心にある子供の心は忘れないでいたいものです。

とはいっても会社などで働いて毎日を過ごしているとどうしても大切な心を忘れがちになってしまう、なんていう事があると思うんですけどね。

そういう時に自分自身がどう思うかっていうのが大事なのではないかと思います。