c

美白と長年言われている、私がしている事をお話します

美白、女性なら必ず一度は気になる言葉だと思います。
私自身は、客観的意見でも、自分から見ても、美白・色白・美肌だと思います。
(以前モデルをしていた事を考えても、写真を見てもそうなのだと思います)
そこで、店頭やSNS等でよく質問される事を書いていきたいと思います。

 どうやら美白には、育った環境(飲み水)が、かなり関係していると思います。
何故なら北海道の友人で、肌が汚い人はあまり見かけ無いからです(余程スポーツ等で、外に居る機会が多かった人は別ですが)。
北海道から上京した途端「その事」に気付いた友人も少なくは無いです。
そして、「美白」にやたら重点を置いて、悩んで質問してくるのも大抵が道外出身(関東等)の人という感じがします。

 何が違うのだろう?・・考えられる事は「気候」と「水」です。
道外の人は、大抵北海道の水の美味しさに、びっくりしていきます。
なので、北海道の人は特に凄い苦労をして、美白や美肌を手に入れてるわけでも無いのです。
(寧ろ気候的には、北国で冬はかなり厳しく辛い思いを毎年しなければならないので、身体に良いとも言えないのですが)
 
 後、私自身がしている事と言えば、「化粧品はSPFが高めの物を使用する」事、「化粧は必ずしっかり落として眠る」事、です。
色白で日焼けしない肌なので、日焼け止めは夏は持ち歩いています。日焼けをせずに、赤く腫れてしまうので。
もの凄く地味な事ですが、継続する事が力になっているのかもしれません。
化粧品カウンターの肌診断の結果で見ると、いつも褒められているので、化粧品の値段やメーカーは全く関係が無いみたいです。
安価な物でもたっぷりと使う事、肌に重荷にならない物を使う事。
高額で人気で有名だからと言って、その化粧品が自分に必ず合っているとは言えないという事。

後は特に何もしていませんが、長年色白で肌が綺麗なせいか、ついたあだ名は「白雪姫」でした
(SNSのHNにどう?と友人から勧められましたが、流石に恥ずかしいからしていませんが)。
飲み水も、特に「ミネラル・ウォーター」を買って飲んでもいません(お金がかかるので)水道水を飲んでいます。
水を買って飲むなら「いろはす」位でしょうか。
ただ、飲み水が関係しているのならば、道外の方は安くても良い水を飲む方が身体にも、お肌にも良いと思います。
(硬水とかでなく、普通に安い物でも。便通も良くなる=美肌に繋がります)

後は化粧品を「美白物」に統一しています。(メーカー等はバラバラで、値段も安いです)
高い化粧品は沢山有りますが、注目すべきは成分で、後は自分の肌に合っているかどうか?かが1番かと思います。
「自分の肌に合う」というのは、トラブルが起きないか?です。
どんなに高い化粧品でも、肌トラブルが起きたら、惜しみなく捨てます。
意味が無い上、下手したら皮膚科に行く羽目になるからです。

「綺麗な水」、「SPF高めの化粧品を使う」「化粧は必ず綺麗に落として眠る」、先ずこの当たり前の基礎を試してみてから、
自分に合う物をその時々に選択して、切羽詰まったり悩まず、楽しみながら美白するのがオススメです。
(楽しく無い=肌にも悪いですから、気付いたら美白になっていた!、位の楽な気持ちの方が長続きすると思います)

美白にお悩みの方に、少しでも参考になれば幸いです。

また、メラニン色素についてはメラニン色素【めらにんしきそ】 | シミ予防研究所 | HAKU | 資生堂の記事が参考になりますよ。