c

皮脂でベタついた肌は実は乾いている

皮脂によるベタつきに悩まされる脂性肌ですが、実をいうと、そのベタつきの下には乾いた肌があります。

皮脂が大量に分泌されてしまう原因は、出ていってしまう水分を逃さないよう肌の表面を皮脂でカバーしようとするからです。

なぜ必要以上に皮脂を出してしまう肌になるのかには、脂性肌の方がついついやってしまうことに原因があります。

 

それは、過剰な洗顔と、補水・保湿の怠りです。肌のベタつきを取ろうと日に何度も洗顔して皮脂を洗い流し過ぎてしまい、その後に補水・保湿を行わないまま放置してしまうのです。

 

そうしてしまうのは、洗顔後に保湿剤を塗ることによりまたベタつきを起こすかもしれない心配と、皮脂によるベタつきがある肌に保湿剤は必要無いと考えてしまっているせいでもあります。

 

このような間違ったスキンケアによって、必要な皮脂まで失って水分も与えられない肌は、乾きから守ろうと必死に皮脂を出しているのです。過剰な洗顔を朝晩の丁寧な洗顔へ変えて、その後に補水・保湿をすることで肌環境が良くなれば、皮脂の分泌量を正常化させることが期待できます。