c

洗顔石鹸はチューブタイプ。いるじゅらさ石鹸がおすすめ。

毎日使う石鹸。しかも肌の状態を決めるとなれば何を洗顔に使うかは慎重にならざるを得ませんよね。

洗顔するときに使うのは主に2種類あり、洗顔フォームと洗顔石鹸があります。

洗顔フォームの一番の特徴は洗顔フォームには合成界面活性剤というものが含まれ、これは食器用洗剤や洗濯用洗剤にも使われているそうです。

つまり強い洗浄力でお肌の余分な皮脂まで落とし、乾燥肌になりやすくなります。

洗顔フォームはお肌には強いなと思いました。

今度は石鹸について調べてみたいと思います。

洗顔フォームと違い洗顔石鹸は配合される天然の洗浄成分で肌の汚れを落とすようになっています。

その原料が持つ天然の洗浄成分のみで洗顔を行うため、お肌に優しいといわれていますつまり、天然の成分で余分な皮脂だけを優しく洗浄し、添加物も少ないため肌に優しく敏感なお肌にも優しいということになりますですが、この保湿成分は、その後に肌に与える栄養分がお肌に吸収するのを妨げてしまうこともあるそうです。

総合的にみると「洗顔石鹸」の方が、お肌に良いといえます。洗顔石鹸は、固形石鹸のイメージがありますが、リキッド状でもペースト状でも、「合成界面活性剤」が含まれていないものは、「洗顔石鹸」に分類されるということです。