c

水虫薬を買う前に調べておいた方が良い事

水虫の薬を使っていけば、ほとんどの場合はそれなりに水虫は治っていくものです。ですが、その前にチェックしておいた方が良いことがあるのを知っていますか?水虫薬の比較通販ランキング!良く効くのはどれだ?購入前チェック!のようなサイトでよさそうな水虫薬を探すのも大事ですが、それ以外に大切な事ってあるんですよ。

 

それは、水虫の症状と似ている症状だったけれど、実はそれは水虫ではなくて、他の違う皮膚の病気だったという事です。

 

水虫に似た症状のある病気としては、接触性皮膚炎や汗疱性湿疹などがあります。これらの病気は、足の皮がめくれてきてしまう点では素人、いやお医者さんであっても間違う事があるくらいです。

 

皮膚科の先生に水虫の診断をしてもらった事がある人なら知っていますが、水虫と断定する際には必ず顕微鏡を使って、そこに白癬菌がいるかどうかを確認します。

 

それも長年水虫の治療に携わっているお医者さんであってもそうです。それぐらい目視では水虫と断定するのは難しいんですね。

 

何を言いたいかというと、水虫かどうか分からないけれど、とりあえず水虫の薬を塗っておこうというのは素人判断としては非常にリスクが高いことを意味している、という事です。

 

もし水虫でなかったならば、先ほどの接触性皮膚炎や汗疱性湿疹が適切な処置をする事ができずに、進行していってしまいますからね。

 

ですので、水虫の薬を選ぶ前に、水虫かも知れないと思ったら、まずは皮膚科に行き、それが水虫であるかどうかを顕微鏡を使って調べてもらう、これがまずはやるべき事だと言えるんですよ。

 

そして、皮膚科に行って、実際に水虫と診断されたら薬を処方してくれます。これを使ってみてまずは治していく、ただ、それがどうも効果がなくて違うのを使ってみた方が良いかも?と思った時点で、水虫の薬を購入するのがおすすめです。