c

時代の流れを感じます

お昼のワイドショー「グッディ!」を見ていた時、「給食を食べさせた教諭が保護者から苦情を受けて教育委員会が謝罪」という話題を目にしました。

 

岐阜市の低学年の小学生を受け持っていた50代の女性教諭が偏食をなくしてほしいという理由で頑張って食べさせていたところ児童が嘔吐し、保護者から苦情が入ったというのです。

 

30代後半の私が小さいころは給食を残すことはダメで、お昼休みや掃除の時間までかかって食べている子も普通にいました。

 

 

でも、出演者の20代後半のアナウンサーの人は「残しても良かった」というのです。最近、子供の通う学校でも無理強いはさせていないような方針のようで残したものをバケツに入れることができるそうです。

 

 

その時々の学校の方針が違ってくるんだなぁと時代の流れを感じます。けれど、できれば子供たちには「食べ物を残してはいけない」精神を身につけてもらいたいです。