c

手の甲もパックしちゃいました。

ad60a19a2ff6b16e16de9684795ac8fb_s

手には年齢が出やすいものだという認識はあるのですが、顔程UVケアに注意を払っていなかったというのが実情です。顔につける日焼け止めは導入して、首元までは注意していっても、掌に残った分を手の甲に擦り込む程度でした。昨年ごろより、手の甲にぽつぽつと茶色の斑点が目に留まるようになったので、慌ててしまいました。

 

それからは、外出時に、日焼け止めを手にもつける対策は取っているのですが、冬場は特に乾燥対策として持ち運ぶハンドクリームに、今の所はほとんどUV効果を期待できないのが残念です。顔につけるものよりも、UV効果が本当ならば強いものでも良いのではとも思うのですけれど、そうなると乾燥が気になります。

 

手は一日で顔よりも洗う機会が多いので、外出時に塗りなおすのも大変です。毎日の生活の中で、あまり手間が要らない方がと思い、化粧品は顔と同じように、朝と夜の化粧水から日焼け止めやクリームと、基礎化粧品は美白効果やエイジング効果のあるものを使用していますので、全て手にも塗るようにしています。

 

日焼けには保湿が大切なお手入れだということです。お陰で茶色の斑点は薄くなりました。これからの季節、手の乾燥が酷くなるので、あとひと手間かけようと考えられるのは、スクラブとニベアのパックです。手の甲にも厚塗りにして、使い捨てのプラスチック手袋をはめます。保湿をしっかりとして、茶色の斑点がなくなるように、日焼けからの回復が早まるようにしてみようというのはいかがでしょうか。