c

当時と今の自分の違いが面白い

今まで書いてきた日記を押入れから引っ張り出してみました。

 

探し物が見つからなくて、段ボール何箱も取りだしたので、腰が痛くなってしまいました。失業してから、色々な本を借りて勉強したノートが出て来ました。

 

 

最初は面白くて勉強しますが、母にそんなことよりも早く仕事しないと生きていけないと言われ、わかってはいるけれど自分がしていることが無意味なのではと思い、虚しくなってしまいこんでしまったのでした。

 

だけど、後になってみて見ると、仕事には役立つかわからないけれど、なるほどと思える内容ばかりでした。

 

 

悩んだ時の日記も、結構痛い思い出ばかりなので、不快な思いをするからミニ用にしようと思いました。

 

 

ですが、記憶力がいいと思って生きてきましたが、30代になると曖昧になってしまった部分も出て来て、日記を見ると、こんなことがあったんだと欠落した部分を見つけることが出来たり、意外と当時と今の自分の思い出が食い違っていたりして、歳を重ねることが切ないようで、解釈が変化しているギャップも面白いです。

 

成長していないようで、していてよかったと思う瞬間です。

 

社会人基礎力(METI/経済産業省)にあるような基礎力が付いているかと言われれば、ちょっと微妙ですが。