c

寒い中お寺の見学へ。

今年は寒くなるのが早いですね。

 
私が住んでいる地域は、決して北国ではないにもかかわらず、今朝は氷点下1度。外の水たまりには、うっすら氷が張っていました。

 
そんな寒さの中、とあるお寺の見学に行きました。奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネットでも紹介されているちょっとした有名なお寺です。

 

住職さんがお寺の来歴を説明してくれるのですが、まずは屋外から。

 

境内にある昔のお堂の跡地についてのご説明。

 

今でも広いお寺ですが、往時は27万坪もあったと言われていそうです。

 

その広さたるや、現在では近隣の町3個分くらいになるとのこと。

 

しかし、保護者たる天皇が崩御された後は、急速に衰退し、敷地も失い、一時は忘れ去られていたそうです。

 

その荒れ寺を鎌倉時代にひとりの僧が復興し、現在に至っているとのこと。

 

大変良いお話でしたが、超寒い!

 

住職さんも寒いでしょうから本堂に参りましょうと誘ってくれました。

 

本堂では、ご本尊や脇仏の解説。

 

ほとんどは鎌倉時代のもので、お地蔵様だけは室町時代のもの。

 

それがまた見事な細工です。

 

本堂に入っても暖房はなかったから、だんだん冷えてきて辛かった?。

 

でも、お寺のこと、この土地のこと、仏像のことなど様々なお話を聞けて行ってよかった。