c

娘と一緒にキッチンに立って料理。

娘が小学生になり、一緒にキッチンに立つ機会がぐんと増えました。

 

小学校でも家のお手伝いを推奨しているので、それもあり、娘は自主的にお手伝いをしてくれるようになっています。ありがたいことです。

 

最近は特に朝晩の食事を手伝うようになってきて、それが私の楽しみと喜びになっています。

 

最初は食パンにマーガリンを塗って焼くくらいでしたが、最近は食パンを使ってフレンチトーストを作ったりピザのように野菜とチーズを盛って焼いてくれたり。

 

とてもお姉さんらしくなってきて、それが自慢でもあります。

 

のろけてしまいました。

 

子供の成長って、本当に早いですね。

 

これからも、特別なことは出来なくても、こうして傍で成長を見届けていけたら幸せだなあと思いました。

 

でも、あんまり料理が上手になって自分よりもおいしいご飯を作り出したらどうしよう?って時々思ってしまう事があります。

 

まあ、それはありがたい悩みなのかも知れないですが。

 

それと、娘とこうして何か一つ作業をするっていう事はとても大事だと思います。

 

コミュニケーションがとれますからね。何気ない話をするっていうのはとても大事な事ですよね。

子どもたちのコミュニケーション能力を育むために~「話し合う・創る・表現する」ワークショップへの取組~審議経過報告のとりまとめについて:文部科学省