c

妻を介護して先に逝ってしまった叔父

数日前、叔父の葬式があり出向きました。斎場では懐かしい従妹や叔母に会い、葬式が交流の場になったねと互いに言い合いました。

 

叔父とは血縁関係がなく叔父の妻である叔母が斎場に来ていないことに気付き、従妹同士で叔母の家を訪ねることになりました。

 

行く前に従妹から叔母は足が悪くて来られないと言っていましたが、叔父が突然逝くまで特に公的な介護は受けていないとの事でした。

 

会って見て歩行は全く出来ないけれど認知度の低下はほとんど感じられませんでした。

 

 

家の外も中もきちんと片付き叔父の主夫ぶりが目に浮かぶようです。

 

 

風呂場で倒れそのまま逝ったようですが、動けない叔母を介護していた叔父に感謝と共に尊敬の念が沸き上がりました。

 

 

最近になって介護をする側の問題がテレビでも時々取り上げられますが、本当に大変な事だと思います。叔父さん本当にありがとうございました。

 

余談ですが、介護ロボットというのが今は開発されてきているみたいですが、できるだけ早い段階で実用化されると良いですね。総務省|平成27年版 情報通信白書|パートナーロボットのニーズと課題