c

久しぶりの電車に乗った時のこと

高校生から大学、社会人となってからも常に電車を乗る生活を送っていた私でしたが、結婚して子供が産まれ専業主婦としての日々の中では、自転車や自家用車を乗り、バスでさえ乗らなくなりました。

平日は勿論のこと、休日は家族で出掛ける為、郊外でも都心でも何処にでも自家用車を乗り付けていました。

しかし、その自家用車が事故に合い暫く代車もないということになり、そんな時に限ってどうしても子供の習い事の発表会の為電車に乗らなくてはならなくなり、10年ぶりに電車に乗りました。

路線の数や電車のドアが増えていたり、女性専用車両があるなど驚きました。もっと驚いたのは、車両内に入ると、満員でもない車内の人々が全員携帯電話を手にしていました。

それは異様に感じたのは私が久しぶりに電車に乗ったからだと思うのですが、私が当時電車に乗っていた頃は、本や新聞を読んだり、居眠りをいたりという光景でした。時代の流れで光景も変化するのだと驚きました。