c

一日の最後に翌日のプランを準備する

一日の最後の短い時間を利用して翌日の仕事の予定表をつくっておくことも、予定表の作成技術として忘れてはならないことである。

このI〇分間の「締めくくり」の時間を用いることによって、一日の仕事を首尾よくすませたという安心感を覚え、その後の余暇をよりくつろいで過ごすことができるはずである。 

このやり方の愛好者である某ビジネスマンは、「前日に準備しておくことによって、翌日は半分の時間でそれが仕上るだけでなく、労働もすっと少なくてすむ。このI〇分間の書きこみが翌日の行動プランを決定してくれるからだ。それだけではなく、翌日はまったく新鮮な気持で出発することができる」と語っている。

仮にこのプランがなければどうなるか?を考えてみれば、いかに前日にプランを立てておくことの重要性が分かるのではないだろうか?