c

ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」第9話を見て思った事。

テレビドラマ「ウチの夫は仕事ができない」第9話を見ました。

 
3ヶ月経ち、かつてはお荷物社員だったつかポンが、みんなの羨望のまなざしを浴びるような仕事のできる男になっていましたね。

 

 

いきなりフランス語を流暢に話せるようになっていたりと、あまりの変わりようには思わず笑ってしまいました。

 
でもいつのまにやら少し人を見下すようなことも言うようになり、雲行きが怪しいと思っていたら家出をしてしまったサーヤ。

 

 

すれ違う夫婦のやり取りが見ていて苦しくなり、涙が止まらなかったです。

 

 

こういう時にこそ夫婦の絆が問われるのでしょう。

 

 

一生懸命に突っ走っている時は周りが見えなくなりがちですが、バランスを取って生きていくのは大事なことですよね。

 

 

止まらないつかポンの涙にはたくさんの思いが込められているようで、胸に迫るものがありました。