c

ガリガリ君が当たった!

当たりました。ガリガリ君が、当たりました。初めてのことです。
暑かったので、ガリガリ君のソーダ味を、コンビニで買って食べました。やっぱり、暑い中食べるガリガリ君は最高です。喉の渇きを癒してくれ、体温を下げてくれるような気もするほど涼しくなります。ここまでは、たまにあることです。

 

しかし、それからがいつもと違いました。スティックのところまで食べていき、そこで気づいたのです。スティックに何か印刷されていることが。当たったのです。もう1本もらえるのです。

 

小さい時によくアイスクリームを食べ、当たったことがありました。しかし大人になり、当たり付きのアイスクリームを食べる機会も減ったので、当たりを見るのは本当に久しぶりでした。ガリガリ君は大人になり久しぶりによく食べる当たり付きのアイスクリームでした。それでも当たった事はありませんでした。

 

やっぱり、当たると嬉しいです。なんとなく得した気分になります。

 

ここで疑問に思ったのですが、どれぐらいの確率で当たりがあるのでしょうか。早速ネットで調べてみると、およそ3%とのこと。30本ぐらい食べれば1本当たる確率です。私の記憶では、ガリガリ君30本も食べたことはありません。そうすると、ラッキーな確率で当たったと言うことになります。ますます嬉しくなってきました。

 

しかし、いい大人が、当たりの棒を持って、コンビニへ行き交換してもらう姿を想像してみると、なんとなく恥ずかしい気になりました。
そこで、息子に自慢がてら、あたりのスティックを見せました。すると、息子は格別の驚きもなく、あっそうと言って受け取っていましたが、そのまま当たりの棒をそこらに置いてしまいました。このままでは、おそらく交換しに行かないことでしょう。

そんな裕福な子供に育てた記憶は無いのですが。

 

今では、当たった喜びよりも、どうやって交換しようかと言う事の方で頭がいっぱいになっています。

ガリガリ君|赤城乳業株式会社