c

カルピスと腸活の素。どちらも効果的。

カルピスを飲むと幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが出るという話を聞いてから、味自体も好みだしと思い結構頻繁にカルピスを飲む生活を続けていたのですが、
そもそもカルピスって乳酸菌からできていたということを最近まで知りませんでした。

主な原材料は乳酸菌と牛乳みたいです。
カラダにピース CALPIS

しかもその乳酸菌であるカルピス菌というのは、たまたま見つかったやつを延々培養?して使っているみたいです。

およそ90年の歴史を持った乳酸菌。なんだかすごいです。

カルピス菌のみの効果なのか、乳酸菌全般が持つ効果なのかは分かりませんが、カルピスを飲むと寿命が延びたり病気を抑制してくれたり血圧を下げたりしてくれるみたいです。

なにこれ。もはや薬じゃん。甘い飲み物だから体に悪い、というわけではないんですね。

もちろん飲めば飲むほど体にいいというわけではなくて、例えば他に乳酸菌がいっぱい入っているヨーグルトもいっぱい食べて、カルピスもいっぱい食べたりすると
お腹が緩くなったりしてしまうそうです。

何事もほどほどが一番ってことですね。

普段飲む分には問題なさそうですし、これからも愛用するつもりです。

ただ、今気になっているサプリメントがあって、それは腸活の素というサプリメントなんですが、カルピス以上に腸内環境を改善してくれそうな感じがあるんですね。

腸活の素には、腸にまで届いてくれる有胞子性乳酸菌といった、カルピスに含まれている乳酸菌よりも腸内環境を改善する効果が高そうな成分が入っていて、さらには、納豆菌まで入っているんですね。

しかも、その納豆菌は普通は、胃酸に弱いので、腸にまで届きにくいんだそうですが、独自の技術とやらで、腸にまで届けられるように工夫されているんだそうです。

その分腸活の素の効果はカルピスを凌ぐのでは?と思っているぐらいです。

腸活の素 効果

そして、私が今考えていることはいっそのことカルピスと腸活の素、2つ同時にのんでいけば良いのでは?と今もくろんでいるんです。