c

それぞれの時間

ライターで食べていけたらなぁと憧れていたときからいつの間にかにすっかりライターになっていた今もなお、ノートPCとカフェの相性を垣間見ることが多々ある。

つい先日も入ったカフェでパソコン作業をしてる人を見た。何もカフェにいるときぐらいパソ開かなくてもいいのにと思っていたこともあったが、それぞれに濃厚な時間を過ごしているんだろうなと思うとその人にとってはその時間は「とっておき」なのかもしれない。

都会の直線的でせわしない時間の中で自分のパーソナルスペースをきちっと確保しながらやりたいことを効率的にこなしてる姿ってカッコイイな、と思っていた時期もあった。

コーヒー一杯でその場にいることが許される、静かなカフェでのノートパソコンは何かと相性がいいから今日も全国各地のカフェはノマドワーカーたちの聖地的存在なんだろうと思う。