c

食べるUVケアしてますか?

紫外線から肌を守っていくためには、一般的には化粧品ですることが多いですが、実は食品による紫外線対策もまた重要なのを知っていますか?

 

紫外線を浴びてしまうと体のなかでは「活性酸素」が発生しますが、活性酸素は酸素が変化したもので、細胞を錆びつかせてしまいます。

 

活性酸素が増えるとシミ、しわだけではなくて動脈硬化の原因になることさえあります。

 

こうした活性酸素から肌、体を守るためには、抗酸化物質を摂取するのが効果的です。

 

βカロテンやビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化物質を日頃から摂取しておくことは活性酸素から体を守るために有効です。

βカロテンがとれる食べ物としては、にんじん、小松菜、ニラ、カボチャ。

ビタミンCが摂れる食べ物としては、レモン、赤ピーマン、じゃがいも、イチゴ、パセリ、カリフラワー。

ビタミンEが摂れる食べ物としてえは、ナッツ類、いくら、たらこ、うなぎ、植物油、青魚。

ポリフェノールがとれる食べ物としては、赤ワイン、さつまいも、そば、ココア、黒ゴマ、緑茶。

 

これら以外にも様々な食べ物で抗酸化物質をとることができますが、参考にしてみて下さい。