c

顔マップ

顔には地図があるという人がスキンケアの専門家にはいます。

 

これが意味するところは、顔の部位によって肌質が違い部分があるということなんですね。同じ人の顔であったとしても。

 

一般的なことをいえば、額や鼻は脂っぽいんゾーンで、Tゾーンと言われたりすることもありますね。

 

逆にフェイスラインの部分をUゾーンという事もあります。

 

UゾーンはTゾーン比較すると乾燥しやすい部位であるために、より保湿ケアが大切と言われていますね。

 

こうした肌の場所による違いは人それぞれ違うため、実際のスキンケアはそれぞれの場所にあったケアをしてあげるのが大切。

 

基礎化粧品を使うにしても、さっぱりタイプやしっとりタイプなどいろんなものがありますが、どれか一つだけを使うという発想よりも、Tゾーンはさっぱり系、Uゾーンはしっとり系と違うタイプの化粧品を使い分けるのが理想的といえるんですよ。

なかなか普段はそこまで気が回らないのがほとんどかも知れないですが、乾燥肌用と脂性肌用の化粧水を一本ずつだけでも持っていると日々のスキンケアの質がぐんと上がります。

何を使っていいのか迷ってしまったらヤフービューティーのようなサイトを参考にしてみるのもいいと思います。

 

美容・キレイの総合情報 – Yahoo! BEAUTY