c

過敏性胃腸炎を避けるために。

昔から「小さなストレスは忘れろ、大きなストレスからは逃れろ」と言われる事があるのを知っていますか?

ものごとのマイナス面ばかりを見ず、これを乗り越えて、さらにいい人生を送るために、ストレスをむしろうまく利用する気持ちで受け止めるのは、とても大事な事です。

最近の傾向として、過敏性胃腸炎が増えてきてしまっています。

過敏性腸症候群 – Wikipedia

西洋医学的にいうと、ストレスにかかると胃腸に症状が来やすい、これは確かに間違いではありません。

症状としては下痢や腹痛、お腹が張る、しっかり排便できずに、ガスしか出ない、ストレスや緊張のため、何回もトイレに行きたくなる、外出したとき、トイレの位置を確かめていないと安心できない……。

一番多いのは下痢でしょう。漢方的にいうと、下痢は「水様便」です。水は体の中にありすぎると内臓を冷やします。つまり、下痢は水を捨てて体を温める反応であり、冷え性だったり、お腹が冷えている人がなると考えられています。

胃腸が過敏な人はお腹を冷やさない、冷たいものを食べない、そういうことがまず第一です。

そして、ストレス対策と同じですが、お風呂や温泉、サウナ、岩盤浴に入ったり、軽く歩いたり、何か趣味がある人は没頭する、

何もない人はボーツとするだけでもいいでしょう。

特に、今まであまり体を動かしてこなかった人程、スポーツはおすすめです。気持ちが晴れやかになり、一気にストレスから解放されます。

加えて手っ取り早くできる効果的な方法が呼吸法です。まず、3秒ぐらいお腹に息を吸い込んで、お腹をふくらませる。今度はお腹を絞りながら、お腹の中の息を5秒ぐらいかけて吐く。これを繰り返します。お腹のはたらきをよくしつつ、しかも呼吸法をやると、効果的です。