c

肝斑とは。効果的な成分とは。

肝斑は40代以降になると、頬骨のまわりや額、口のまわりなに左右対称に表れる薄い褐色のシミです。

 

できる範囲が広く、アジア人体質にできやすいと言われています。

 

紫外線をたくさん浴びると濃くなることがあり、肌の摩擦によっても悪化します。

 

何もせず放置しておいても特に問題があるものではないですが、やっぱり気になると思う場合は皮膚科に相談にいくのがいいでしょうね。

 

肝斑に効果的な成分としてはトラネムキ酸が有名ですが、これは化粧品の成分としてではなくて飲み薬の服用が一番効果的だとされています。

 

肝斑をレーザーで焼いて消したいと思う人はいないでしょうか?肝斑にレーザーを当ててしまうと悪化してしまう場合があります。

 

これは要注意です。

 

だから、肝斑かどうか分からない時にはまずはシミの種類を確認するところから始めるのがおすすめです。

 

そんな肝斑ですが、肝斑は生理前や妊娠のあとにできるケースが多いですが、その要因はホルモンバランスの異常からきているのではないかとされています。

 

ただし、明確に原因として解明されているわけではありません。

 

 

また、閉経すると治るという場合もあるかも知れないですが、みんながみんなではありません。