c

肌トラブルとターンオーバーの関係

肌トラブルの原因には人それぞれありますが、一般的にどんな肌トラブルにも共通している原因といえば、ターンオーバーのサイクルが乱れていることではないでしょうか?

 

ターンオーバーのサイクルは一般的には28日とされていますが、実際には一人ひとり違います。

 

ただ、一人ひとりに適したサイクルの期間というのは存在しているもので、それが早すぎても遅すぎても肌トラブルの原因となってしまいます。

 

早すぎてしまえば、まだ本来は基底層で作られた肌が角層に上がってきてはいけない段階のものが上がってきてしまいます。

 

遅すぎてしまうと、角質層となって、垢となって剥がれ落ちるべきなのに、残っている状態になります。

 

早すぎてしまうと、未熟な角質の状態になり、肌を守る機能は著しく落ちてしまいます。

 

遅すぎる場合は、古い角質層がたまり、毛穴に汚れが詰まりやすくなってニキビができやすくなってしまったり、くすみの原因にもなります。

 

肌は常にターンオーバーという形で新陳代謝を繰り返してしますが、一度自分の最適なサイクルはどれぐらいなのかな?というのを調べてみるのもいいかも知れないですね。

 

そのサイクルに合わせたスキンケアをすれば、質が数段上がることになりますから。