c

老眼のピント調節機能低下はサプリメントで対策できるか?

老眼は年齢とともに、目のピントの調節する機能がだんだんと低下してきてしまうことで、遠くはわりとはっきりと見えるにも関わらず、近くのものを見ようとするとピントがぼけてしまう症状ですが、その原因はいったいどこにあるのでしょうか?

目のピント合わせるためには、眼球の水晶体と呼ばれる部分が近くを見るときはその分厚さを厚くして、遠くをみるときはその分厚さを薄くしてピントが合わされています。

水晶体は年齢とともに、分厚くなったり薄くなったりする弾力性が徐々に低下することによって目のピントが合いにくくなります。

これが老眼の原因になるのですが、この原因はサプリメントで取り除くことがある程度期待できるといわれています。

その理由は、老化現象を緩和する抗酸化作用のある成分をとることによって可能だからです。

抗酸化作用というのは、体の老化現象の原因である活性酸素を除去する作用という意味ですが、要するに若返り、老化の抑制作用ということです。

この作用がある栄養成分が凝縮されているサプリメントをとることによって、目の老化によって生じる水晶体の弾力性低下を少しでも緩和することができれば、老眼対策ができるといわれています。

普段の食生活のなかで抗酸化作用のある食べ物をあまり摂取していない人ほど、この作用があるサプリメントによって老眼の症状が緩和する可能性が高いといえるでしょう。

参考サイト
老眼サプリメント【効果なし?】大失敗する選び方と通販ランキング!