c

紫外線で病気になることも

紫外線を大量に浴びてしまうと、実は日焼けだけでは済まない場合があるのを知っていますか?

それこそ命に係わるような病気にもかかってしまう場合があるんです。

その病気とは皮膚がん。

原因としては、紫外線によって細胞核が傷つくことによって発生するとされています。

体内には一応この細胞核が傷ついたとしても修復させる作用がありますが、繰り返し、長期にわたって紫外線を浴び続けてしまうと、細胞核の修復ができない場合がでてきてしまいます。

細胞核が壊れた状態のままでは細胞分裂していく際に異常な細胞が次から次へとでてきてしまい、それが癌となってしまうんです。

皮膚がんを予防するためには、若いころから紫外線対策をしておくのが賢明。

 

さらに、紫外線は目の病気である白内障の原因にもなることがあります。

眼球の黒目の部分に長期にわたり、紫外線があたるのが原因とされていていますが、目は肌と違いUVケアをするためにはサングラスなどで目を守ってあげる必要があります。

 

紫外線が引き起こす病気には他にもありますが、この2つは特に注意すべき病気だといえます。

普段から、肌や目を守る事を意識していれば防ぐことが可能な病気なので、これからはじめてみてはいかがでしょうか?

特に、男性は女性と違い、紫外線対策には無頓着な人が多いので要注意ですね。

 

環境省のサイトには紫外線情報も時折でているので参考にしてみるのもいいかも知れないですね。