c

粉吹き肌

乾燥肌は、肌の保護機能が低下し、角質層から水分が減り、肌表面がカサカサしたり、つっぱった状態のことを言います。

 

乾燥肌の人は、もともと生まれつき乾燥しやすい肌質であることが多いですが、幼いころからアトピー体質であったり、冬になるとかゆみがでるタイプ人も乾燥肌です。

 

健康な肌の場合、角質層には30%水分が保たれている状態ですが、何かの原因によって、肌の保護機能が低下し、水分量が30%以下になり、水分不足になっています。

 

空気中の温度が低くなった場合、角質層がその影響を受けて、肌に含まれている水分も減少してしまいます。

 

それと皮脂やセラミドなどの角質細胞間皮脂質は、加齢とともに作り出される量が減ってしまいます。

 

角質細胞の隙間が大きくなってしまえば、肌の水分が蒸発しやすくなり、角質細胞の一部がはがれやすい状態になります。

 

この状態が粉吹き肌の状態なんですね。