c

目のピント調節には筋肉の収縮があった!

体にはどこの部分においても動かすために筋肉が存在していますが、これは目についてもいえることです。

目のピントが合わない原因と対策!サプリメントや薬は【要注意!】

上を見たり下を見たりする場合には目の周辺の筋肉動くことによって、目そのものを動かすことができてします。

さて、目のピントを調節する際にもこれは同じことです。

近くを見ようとした場合には、目のレンズの役割をしている水晶体はピントを近くに合わせ、遠くを見ようとする場合にはピントを遠くに合わせます。

この時に動いている筋肉のことを毛様体筋といいますが、この毛様体筋こそが実は目のピント調節機能をつかさどっている筋肉なんですね。

あまり知られていないかも知れないですが、この筋肉の調節機能が衰えてしまうと目はピントが合わなくなります。

疲れてるとき、年齢からくる目のピントのずれを感じているときは、この毛様体筋にトラブルが発生していることがほとんどなんですよ。

逆にいえば、この筋肉を健康な状態に保つことができている場合は、目のピントというのは狂う事なく、常にはっきりとかすむことがなく見れている状態であるともいえるんです。