c

目のたるみはなぜ起こる

目のたるみがでてくる原因は、目の上と目の下で少し違います。

 

目の上がたるんでくるのは、目のまわりにある眼輪筋の衰えと、真皮の船員の減少です。

 

また、目のまわりは、他の部分に比べて、皮脂腺が少ないために乾燥しやすい部位でもあります。

 

さらに、休むことなく瞬きをするために、目のまわりの筋肉というのは衰えやすいんですね。

 

そういう場所に、例えば刺激の強いクレンジング剤でアイメイクを落としたり、すると、目の上、つまりまぶたが受けるダメージは大きくなり、さらにたるみやすくなります。

 

目の下のたるみがでる原因もほぼ目の上と同じ。

 

目のまわりの筋肉が衰えてくると同時に、真皮に存在しているコラーゲンやエラスチンが変形して弾力を保てなくなるからです。

 

これらの対策をするためには、アイクリームなどでハリを出そうとする事も良い事ですが、それにプラスして、筋肉の衰えをカバーするような顔の筋トレも有効です。

 

顔の筋肉を鍛えることで、目のたるみだけでなくて、ほうれい線なども予防改善することが可能なので、チャレンジする価値は十分にあるといえます。