c

梅雨で冷える事があるんです。

梅雨の時期は「梅雨寒」、「梅雨冷え」という言葉があるように、案外と冷えることがあるのを知ってますか。 

雨に濡れると体が冷えるように、湿気が多いとどうしても体は冷えてきます。冷房の部屋に長くいると、頭痛を起こす人がよくいます。雨が降ると神経痛が出る人がいます。 このように痛みは「冷え」と「湿気」が原因で起こります。

梅雨は湿気が多く、気温も下がるので、腰痛、頭痛、生理痛、神経痛、リウマチなどが重くなる時期でもあるのです。 

特に若い女性は、ミニスカートや素足で外をさっそうと歩くと、格好はいいかもしれませんが体、特に下半身が冷えます。

そんなときは靴下をはいたり、ミニスカートのときには腹巻きをするなど、ちょっとした工夫が大切です。 

湿気が多い時期は、呼吸をするだけでも肺から空気中の水分をたくさん吸い込みます。こんな時期こそ、お風呂や温泉、サウナなどにゆっくり入って汗をかくことが大切なのです。

若い人たちがもし腰痛を起こしたとすると、これは冷えが大きな原因と考えていいでしょう。もうひとつ、ご年配の方の腰痛の場合は筋力の低下、特に腰の筋肉、大腿部の筋肉の低下が大きな原因です。

梅雨でも寒気や冷えを感じる人は対策しないといけないですね。