c

ダルさに負けないようにするいは

署さに向かって元気にすごすにはちょっと「コツ」があります。署いとダルさを感じやすくなります。

これは自律神経がかかわっています。 夏は、自律神経の中でも「リラックスの神経」である副交感神経がよくはたらきます。そのため、1年間同じ体調でいるつもりでも、血管が拡張して、血圧も下がるので、署い時期は誰でもダルくなりやすいのです。 

夏のダルさのもうひとつの原因は汗。汗をたくさんかくことによって、水分や老廃物のほかにも、体に必要な栄養素であるビタミンやミネラルも喪失します。これもダルさの原因です。 

加えて、夜も暑くて寝苦しいので睡眠が十分に取れなかったり、食欲が落ちてくる。油っこいものがイヤになったり、淡泊なものばかり摂りすぎる……」これも体がダルくなる要因です。 

冷房もダルさの大きな要因です。冷房に当たりすぎると体が冷えて、代謝そのものが落ちてしまう。そのために肩コリや頭痛、手足の関節の痛み、むくみ、便秘、下痢、風邪など、冷えが原因の病気は夏に一番多いのです。

ダルさに負けずに夏の元気をつくるには、どうしたらいいでしようか。 人間の全身の60兆個の細胞のエネルギー源はブドウ糖です。したがって、まずは糖分を補うこと。これが大切です。