c

ダイエットと食べ物からできる細胞

体は食べたものでつくられますから、食べているものを見れば自分が何でできているのかが、よくわかります。 

ファストフードのハンバーガーと菓子パンでできているのか。それとも、高級イタリアンと和食か。あるいは、カロリーバーとダイエット飲料か。 

食事記録を見ていれば、何か今のあなたに必要なのか、それがきっと見えてくるはずです。 

それがわかるだけでも、ダイエット一歩前進です。 自分の食事傾向を把握するには、一週間ほど記録をとりたいところですが、面倒でストレスになるのもよくありません。 

ですから、二日問でも三日問でも構いません。あなたのできる範囲で、食事の記録をつけてみてください。 そこには、あなたの食べ物に対する意識が表われています。 

「カロリーの高い豚肉より、低カロリーの鶏肉にしておこう」「ケーキを食べたいけど太るから、ヨーグルトでガマンしよう」 そんなふうに、自分の体からのメッセージではなく、いろいろな情報によって選んだものが並んではいませんか。 

「これを食べるときっと太るわ!」というマイナスの気持ちで食べると、うまく消化・吸収されず、いい細胞ができません。

人の体と細胞の話⇒http://www.jpte.co.jp/stories/story_2.html