c

シミができるメカニズムはこれだ!

シミができるメカニズムは①紫外線を浴びてメラノサイトでメラニンが作られる②ターンオーバーの周期が繰り返されるためメラニンも細胞とともに剥がれ落ちる③新陳代謝が停滞しメラニンが肌のとどまるようになりシミとなる。

というのが一連の流れ。

もう少し詳しく見ていくと

表皮が紫外線を浴びるとメラノサイトに紫外線を浴びたという信号は送られます。その信号によってメラノサイトはメラニン色素を作りだし、細胞内のメラノソームと呼ばれるところに蓄積します。メラニンが充満した状態のメラノソームは、メラノサイトの先からケラチノサイトに渡されてメラニンがでてきくる。

表皮の一番下には基底層と呼ばれるものがあり、そこでは表皮細胞が分裂を繰り返すことによって少しずつ上に押し上げられていきます。一番上までくると最期はアカとなって剥がれ落ちます。紫外線を浴びて作られたメラニンも細胞とともに剥がれ落ちていきます。このターンオーバーの期間はいっぱんてきには28日間とされていますが、年齢を重ねるとだんだんと長くなります。

紫外線を浴び続けると、メラノサイトの数は増えて、メラニンの生成は活発なものとなります。肌への刺激、加齢、そして紫外線の浴びすぎによりターンオーバーの周期が乱れることがありますが、そうなると古い肌細胞を下から上に押し上げる力が弱まり、メラニンがとどまってシミが出やすい環境となってしまい、最後はシミになってしまいます。

シミ対策ではターンオーバーを活発にすること、そしてできるだけメラニンが生成されないように紫外線を避けることが大事だというのは、こうしたメカニズムでシミができてしまうからなんですね。