c

その敏感肌はアレルギーが原因か

敏感肌かアレルギーかを見極めるのは、実際にはとても難しいことです。自己判断ですると間違う可能性が高いケースがほとんど。

何が原因で敏感肌になっているか分からない場合は、医師の診断のもとにアレルギーの原因疑いがある物質などを腕に付ける、パッチテストで反応をみるようにしましょう。

アレルギーの場合は、まずそのアレルギーを起こしている要因を排除しないことには、問題は解決されません。

化学繊維のインナーや洋服、金属アクセサリー、化粧品、などなど身の回りにあるものから肌トラブルが発生していると考えられます。

アレルギーは体質的な面が大きく影響しているので、完治は難しいかも知れないですが、原因を知り、対策をしていくことで上手に付き合っていくことができるようになります。

また、刺激になるような成分が入っている化粧品はまずは避けるようにしましょう。

敏感肌の皮膚は角質層の水分維持力が低下していることによって、刺激に弱い状態です。

乾燥を防止することがまずは重要で、水分が蒸発してしまわないように潤いを与えたあとはクリームなどの油分で蓋をするようなスキンケアが大切です。