c

くすみ対策は夏と冬では違う

くすみが改善されるためには何をしたらいいのでしょうか?

 

くすみは夏ぐすみと冬ぐすみという種類に分けることができます。

夏ぐすみは角質の層が厚くなることで起こりやすくなります。

冬ぐすみは血流が悪くなることでおこります。

 

という事はくすみ対策は夏と冬で違ってくるんですね。

 

夏ぐすみの対策としては、角質層が厚くなっているのをピーリングやスクラブ、酵素洗顔などによってケアするのが効果的です。

 

古い角質、肌の老廃物を取り除いて、ターンオーバーを促すのです。また紫外線が強い季節でもあるので、日焼け止めを塗るUV 対策は必須。また、角質ケアと保湿ケアは必ずワンセットにするようにしましょう。角質をケアしたあとは必ず保湿が必要になります。

 

冬ぐすみについては、オイルマッサージや半身浴などが効果的です。ホットタオルでパックをしてみるのもいいでしょう。

 

季節によってスキンケアは変えるべきものですが、まずは自分の肌の状態を確認するのも大切なことですね。確認したあとにどんなケアが今もっとも求められているケアなのかを知ればより有効なくすみ対策が可能になります。