Archive for the ‘社会の話題’ Category

無理せずバランスよく自分自身を保とう。

月曜日, 2月 27th, 2017

誰でもポジティブではいたいですが、時にはネガティヴになってしまうことはありますよね。

 

当たり前の事だと思いますが、ネガティブな時にどんな対処をするかは重要だと思います。

 

ネガティヴになってしまうとそこからどう抜け出せばいいのか分からなくなることもありますね。

 

 

人それぞれの性格によりますが、そんなときに私は無理矢理、ポジティブに持っていこうとはしません。

 

 

ネガティヴになってる気持ちをどんどん吐き出します。日記でもいいし、話すでもいいし。

 

 

ちょうど同じ悩みを抱えている友人がいたら、LINEで世間話をしながら発散したりします。

 

 

無理にポジティブに持っていこうとしても後でまたドーンと疲れがきそうだからです。

 

 

あまり元気に!前向きに!を意識しすぎても疲れるのでバランスよく自分自身を保つことが大事だと考えます。

 

自分をコントロールする、というのは結局自分の人生をコントロールしていることになるからね。

 

感情をうまくコントロールできなようになってくると、いろんな問題や事件になると思うんです。

参考:各分野における施策/恋愛感情等のもつれに起因する暴力的事案への対応

 

焼きいもが焼けない!?

金曜日, 12月 30th, 2016

昔は冬場になると、郊外では各家庭でも落ち葉を集めて焚き火をして暖まったものです。その際にサツマイモをくべて焼きいもを作ったりも!

 

やや焦げた皮を剥いて、ふーふーと息で冷ましながらほくほくのお芋をほおばる様子は、まさに冬の風物詩。日本のあちこちで誰もが目にした光景ではなかったでしょうか?

 

ところがところが、実は現在ではこの光景は激減しているそうなのです。そもそも焚き火をする光景自体、見なくなりました。

 

これには当然理由があって、家庭レベルの燃焼力でビニール類が混ざるとダイオキシンが発生するため焚き火をやめたとか、防火の観点から野焼き禁止の法律があり、焚き火との線引きが難しいためやめたとか、さらにはご近所からのクレームでやめたとか。

 

焚き火ができなければ焼きいもも食べられないわけで、寂しい気もしますがしょうがない面もあります。

 

 

どうしても焼きいも食べたければ、キッチンで調理するしかないわけですね。

 

 

お芋でグリーン化するっていう考えの元に焼き芋イベントをしている人達がいるみたいですが、なんだか尊敬してしまいます。
【白山】グリーンポテト『芋堀り』と『焼き芋』を実施しました | 東洋大学

障がい者の就労賃金と自立生活について考えつつ。

日曜日, 12月 25th, 2016

先日、改めて障がい者の働く事業所、とくにB型就労事業所の方の賃金と標準的な生活生計維持費とのギャップについて探る記事を読ませていただいた。
就労継続支援A型事業所及び就労継続支援B型事業所における障害者の就労条件に関する質問主意書

 

労働者なのか、就労訓練生なのかで締結される労働法といった法的な事柄や、それに基づいての賃金なのか工賃なのかという区分で全く変わってくるという実態がある。

 
大きな問題は、私が知る限りでもA型就労事業所の全国平均月額賃金にその倍ぐらいの賃金を上乗せしてやっと一人分の生活が成り立つ、生計が立てられるという現状から、その半額どころか3分の1にも満たないB型の月額工賃では、とても生計が立てられるどころではない。

 

 

しかもそこには福祉サービス利用料が毎月取られるという、働けないから困っていてそういった事業所に通所している障がい者に全くそぐわない仕組みも絡んでくる。社会参加をしたり、働こうとすればするほど理不尽なお金が出ていくばかりで、これではむしろどんどん自立の機会が奪われていくばかりで本末転倒だ。

 

 

不自由な体をどうにかついていかせることができてもその工賃や賃金の低さにやる気を削がれて気持ちの方から挫折し、退所をしていく利用者さんも少なくない現状から、その区分が工賃であれ賃金であれ、いかに報酬というものが働く人の意欲に大きく影響しているかを再実感する記事であった。

 

 
発生したお金をいただく以上決して楽ではないが、生活を充実させるためのものや自分の社会的役割でもあり、生計のためにも必要な「働く」という一生に関わっていくことだ。一筋縄ではいかない問題に、どうにかして生計を始めとするその見込みや先行きの希望ある見通しの光が、将来に一筋でも差し込むように願って止まない。

お正月に向けて…

日曜日, 12月 25th, 2016

近くのスーパーにはクリスマス用品とともにお正月用品が並ぶようになってきました。

 

で、昨年気づいたことがあるのですが、この時期はいつもの生鮮食品が2割ほど割高になっているのです。

 

特にちくわやかまぼこなのですが、値段が100円ほどアップしててとても驚きました。

 

 

なぜなぜ?普段と入っている量も変わらないのになあ。

 

他にも黒豆やお煮しめなども値段が上がっていましたね。

 

商売上手だなとは思いますが、なんかしっくりきませんね。この時代何を買うにしてもやっぱり少しでも値段が安い方がありがたいと思う人の方が圧倒的に多いと思います。

 

まあ、正月は年の初めを祝う日とありますから、多少高くても買うっていうのが最終的な判断になるからだと思いますが。
国民の祝日について – 内閣府

 

実家にいたころはおせち、お雑煮、おもちと食べて過ごしていましたが、一人暮らしをするようになってからは食べるものにあまり意識しない自分がいます。

 

なので元旦にラーメン、その翌日はお寿司など友人と食べたりしているので普段と変わらない生活が私はいいのかなと思っています。

 

 

騒がしい街の中でカラスも生きている

金曜日, 12月 23rd, 2016

私の家の周りは、色々な音で溢れています。騒がしい街なのです。

 

線路が近いので電車の音もするし、上の住人の物音がうるさいし、近所の新築マンション工事の音もうるさいし、その中でも、結構気になるのは、カラスの鳴き声です。
早朝から晩まで鳴いています。

 

私のマンションは、エレベーターホールにゴミ出しをすると、清掃員の方が持って行ってくれるのですが、私が住んでいる9階までも上がってきます。恐らく10階も行っています。
生ゴミを見つけたらつついています。私のゴミもつつかれてゴミが散乱していたという苦い経験があります。

 

正直真っ黒なテカっているあの感じが昔から苦手なのですが、鳥なのに頭はいいよなと感心はしています。

 

カラスは自分が欲しいものを生ゴミのなかから的確に見つける事ができるんです!

 

 

ゴミをつつかれるのはめちゃくちゃ迷惑ですが、カラスも必死に生きているんだよなと朝から思ってしまったりもします。

 

 カラス被害対策マニュアル・パンフ公開 | 農研機構

SFの世界をNIKEの靴が再現する。

金曜日, 12月 23rd, 2016

「バック・トゥー・ザ・フューチャー2」の中で主人公たちが1985年から2015年にタイムスリップし、2015年の未来の姿を目の当たりにしたのですが、その2015年が現実では去年の話だったことで、少し話題にもなりました。
バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 – Wikipedia

 

中でも、バック・トゥー・ザ・フューチャーの中で描かれていた世界と現実で実現された世界とどのように違っているかなどの話題が盛り上がりました。

 

 

そんな中、とあるスポーツブランドが劇中で出てきた靴を実現させたそうです。その靴とは履いて、靴に取り付けてあるボタンを押すと、自動で勝手に靴の紐が閉まるというもので、映画ファンの間では有名なシーンの一つでもあります。

 

 

その未来の靴を、スポーツ用品のブランド「NIKE」が実現し、2016年11月に発売するという情報が入ってきました。

 

 

「バック・トゥー・ザ・フューチャー」をリアルタイムで見ていた私としては、かなり欲しいと思われる一品です。

 

 

今のところ日本での発売の予定はないのですが、もし発売されるのであれば、多少高くても購入しようかと思います。

 

 

このように空想の中で描かれていた未来のあらゆるものが現代の技術によって具現化されるのはとてもワクワクしますね。

 

 

これから技術がどんどん発展していく中で次はどんなものが発明されるのか、空想が現実に実装されるのか気になるところです。

 

 

私の個人的な願望としてはVR技術を使って、アニメのようなカードバトルを本格的に再現してほしいと思います。

博多駅前の道路陥没にビックリした!

木曜日, 11月 24th, 2016

この間急の朝に飛び込んできたニュースで一番びっくりしたニュースは、博多駅前道路が陥没というものです。

写真と映像が流れてきたとたん、なんだこれ、日本の出来事?とびっくりしてしばらく呆然としてしまいました。

死傷者は出なかったというニュースを見て、さすが日本だなあと思いましたが、工事をしていておかしいとなって封鎖要請をしたあとに陥没してしまったらしいですね。

怪獣映画がわりと好きなので、穴とかがあったら怪獣とかが起きだしたあとでは?と思うと、少しわくわくしてしまいます。

まるでゴジラさながらの状況でした。

とはいえ、近隣の方にとっては非常に困ったことでもあると思うので、一日でも早く道路が復旧してくれたらいいなと思っています。東京で言うと新宿前に穴が開いた感じでしょうか。

原因は地下鉄の工事にあったようですが、今後はこんな事がないように工事を進めて欲しいと思います。

電通に対して「働きやすい」と国が認定していたというニュースについて

金曜日, 10月 28th, 2016

先日長時間労働などが原因で、最悪なことに社員の一人が自殺した電通に対して、あろうことか国が、労働時間短縮に取り組み、それに働きやすい「子育てサポート企業」に認定していたことが報じられました。しかも、結局最後は取り消すことになりましたが。
【電通女性社員自殺】電通「働きやすい」認定取り消し検討 厚労相「厳正対処」 – 産経ニュース

これは電通さん体を張った一世一代のギャグですね。まぁ、会社のブランドイメージを向上させたいという意図はわかるのですが、このような過酷な労働が常態化していたということは、この認定に関して社員たちにとってみれば、うれしいというより冷ややかな目を向けていたのかもしれません。

私個人としては電通はこれから過酷な勤務形態を改めて欲しくはないですね。

このままでは普通のいい会社になってしまうじゃありませんか。

日本を代表する企業なのですからこれぐらいの問題は簡単にはねのけて欲しいものですね。

とはいっても世間はそれを認めるはずもありませんが。

終盤戦になりますが

月曜日, 10月 24th, 2016

Jリーグカップ「ルヴァン杯」も終わってリーグ戦も終盤に入ってきた。

既にこの地点では年間王者を決めるチャンピオンシップが浦和と川崎で決まったがどちらかがファーストステージで鹿島との試合をしなければならい。

この両チームがどちらかか試合をするので負けられないと言う。

特に川崎は風間監督の退任が発表されていい形で有終の美を飾れるのかどうなのか気になる所もあると言う。

そして、すでに福岡のJ2降格が決まっている降格争いは湘南と新潟が現段階では危機となっている。

名古屋が闘莉王選手の復帰で勢いが出た事で降格ラインを超えたと言うことになる。

ここから戦いが最下位はするがいずれも潰しあいにはなると思われている。

上位をどうやっつけられるのかここから戦いが始まっていると言う事になるが名古屋は神戸をホームに迎えるのでどう守るのか気になる所だ
と言う。

J2に降格するのはあと2チームとなるのでこれも注目だと思っているのです。

LINEスタンプ、けしからん。

木曜日, 9月 29th, 2016

近頃の若者に仕事での連絡や注意事項などをメールすると『すいませんでした」『わかりました』と返すところを、アンパンマンやキティちゃんなどのスタンプ1つで返ってきます。

こういうところで買っているんでしょうね。LINE STORE

 

最近ではいろいろな種類のスタンプがあります。

 

私でも返信内容の意味は分かりますが、目上に対してスタンプだけの返信っていうのは、いかがなものかな?と思います。

 

私はあなたの友達か?もしくは、見下してる? と、とれます。

 

LINEも返信1つで相手の気分を害する事もあるのですよ。と言うことを教えたいです。

 

私も家族や友達とのLINEにはスタンプも使いますが、さすがに上司や自分より目上の方への返信にはスタンプ1つで返信を済ませたことはないです。

 

昔の人で言う『けしからん』ってやつですかね笑

 

こういう風に思っているのは私だけでしょうか?