Archive for 2月, 2019

緊張すると顔汗が止まりません

水曜日, 2月 13th, 2019

私は普段から汗かきな方ですが、特に緊張すると顔汗がすごく出てきてなかなか止まりません。

ハンカチやハンドタオルで拭くのですが、どんどん汗が出てくるので困っています。

 

季節はあまり関係無く汗をかきます。汗の量はやはり夏場の暑い日はものすごいです。そういう時期にプレゼンをしなければならない時には、フェイスタオルとハンカチを大量に使用します。

 

プレゼン資料とともにジップロックに入れたフェイスタオルとハンドタオルをカバンに詰め込んでいます。着ている服の全てのポケットにはハンカチが入っています。

 

出始めると汗が止まらないのは分かっているので、出来るだけリラックスした状態を心掛けています。それでも体質の問題なのかどうにもならずに悩みの一つになっています。

 

ネット上ではアセカラットという制汗のためのサプリメントがありますが、ちょっと興味が沸いています。

 

アセカラットのレビューでは、実際に効果を感じた人もいるみたいだし。

 

制汗系のサプリメントは夏野菜などに含まれている成分を取り入れることで、体温の調節機能を高めてくれるっていうものらしいですね。

 

特にカリウムが大事みたいですが、確かに私の場合、カリウムなどの栄養は不足しているので飲んでみた方が良いかも。

 

クレンジングで角栓は無くなる!?

水曜日, 2月 13th, 2019

オイルクレンジングをすると小鼻や頬の辺りからポロポロがたくさん出てくること、ありませんか?
私はしょっちゅうです。毛穴の角栓が取れた~と嬉しくなりますよね。でも洗顔後の素肌を見ても毛穴汚れが無くなってすごく綺麗!と言うほどではないし、翌日にはまた角栓が目立つ…。どうしてでしょう。

角栓ポロポロに惹かれてオイルクレンジングを選んでいたのですが、どうやらそれは角栓の根本的な改善ではないみたい。

オイルクレンジングは洗浄力が強くて皮脂を取りすぎるとのこと。皮脂を取りすぎると肌は自分自身を守るために以前より多くの皮脂を分泌するらしい。
そして、角栓は皮脂と古い角質が混ざったもの。古い角質は肌の新陳代謝があるので永遠に出続ける…つまり角栓は無くならない!

角栓が出来ても目立たない肌・健康で新陳代謝もちゃんと出来ていて角栓も小さいうちに自然に剥がれて取れちゃう肌が理想。

そのためには肌質改善が1番。
今まで汚れをしっかり取ることが目的でオイルクレンジングを選んでいたけど、肌への優しさも考えなきゃいけないと思いました。ミルククレンジングやクレンジングクリーム、ジェルクレンジング…何が1番いいのかな。

クレンジングを正しく選べば、角栓が全然気にならない肌になれるはず。大変そうだけど色々試してみたい。頑張ります!

子供の肥満

水曜日, 2月 13th, 2019

共働きの家庭が多く夕飯は外食や惣菜に頼ってしまっている家庭が多いみたいですよね。
我が家も外食、惣菜率高し・・・

でも外食や惣菜は高カロリーなものが多く栄養のバランスも崩れてしまいがち。
子供の就寝時間も遅くなっていることもあって最近では肥満がちな子供も多いようですよね。

学校に行くとクラスに1人か2人は大人顔負けのがっしりした体型の子もいますし。

昔と比べると外で遊ぶ時間が減ったのも要因ですかね?
公園にいるのにベンチでカードゲームしてる子もよく見ます。

大人だって運動せずに高カロリーなものばかり食べていたらドンドン大きくなりますし
やっぱり大人が管理してあげなくちゃいけないですよね。

朝からジャムたっぷりのパンと甘いジュースにヨーグルト
お昼は給食だとしても・・・
夜にハンバーグだとかラーメンだとかお腹いっぱい食べて動かずに遅くまでゲームをして寝る

これじゃ肥満にならないはずがないっ!!

ここはやっぱり朝ご飯だけでもお味噌汁や納豆や白米。
朝からきちんと食事をすることで頭も冴えるし勉強もはかどりますよね。

夜もできるだけ外食減らして早目に寝かしつける!

これだけでも効果あるはず!

この程度なら早速実践できそう。
まずは今日から早めに寝ることを頑張ろーっと。

因みに、子供の肥満度を計算してくれるページがあるので、参考になるかも知れないですよ。
子供の肥満 – 高精度計算サイト

アイクリームと顔用の保湿クリームはどう違う?

水曜日, 2月 13th, 2019

秋冬の乾燥が気になる時期になると、目元の肌の乾燥は特に気になりますよね。私も、乾燥すると目元がガサガサになってしまってアイメイクが汚く見えてしまったり、かゆみが出てきたりするので、とても困っていました。

 

そこで調べてみると、目元には目元専用の保湿クリーム・アイクリームを使うのがよいということが分かりました。

 

そもそもなぜ、顔全体の保湿と目元の保湿でアイテムを分けなければいけないのでしょうか。色々と調べてみたところ、目元の肌は他の箇所よりも肌が薄いため、他の箇所に比べてとても刺激に弱いそうです。それなのに、刺激のあるアイシャドウを一日中付けたり、クレンジングでゴシゴシごすってアイメイクを落としたりしているわけですから、当然他の箇所より顕著に乾燥も目立ってしまうんですね。
アイクリームは、保湿効果が高いだけでなく、顔全体やボディに使う保湿クリームよりもマイルドな成分で作られていることが多いので、デリケートな目元の肌を労わりながら保湿出来ます。顔全体と目元で別の商品を使うのは少しコストが掛かりますが、目元の肌を労わりながらお手入れすることで、メイクも綺麗に映える健やかな目元をキープ出来るんですね。