Archive for 4月, 2015

あのユニクロがついにコンビニと

金曜日, 4月 24th, 2015

ユニクロは今ではどの都道府県でもだいたい店舗を構えているみたいですが、今度はそれに飽き足らずというか、コンビニと提携することによってさらに販売経路を広げようと考えているみたいですね。

もともとは、通販した衣料品をコンビニでも受け取れるような形にしようと考えたところが始まりみたいですが。

今はユニクロとコンビニの間で話し合いがもたれているようですが、今後の動向が注目されます。

しかし、コンビニというのはすごい影響力を持つようになったものだと思うのですが、そこで働いている人は大変でしょうね。

だって次から次へと新しいサービスがコンビニで展開されるとなれば、それについていかなくてはならないようになりますから。

住宅ローンってそもそも

水曜日, 4月 15th, 2015

最近は金利の動きがどうも上がってくるのではないか?という経済の雰囲気もあってか、そろそろ住宅ローンでも組んだ方がいいのかな?なんていう声がところどころであるみたいですね。

ですが、こうした流れで組むのはとても危険なことのように思えてなりません。

そもそも論で考えたときに住宅ローンって何?ということを知っておくことはとても大事なことだと思います。

さて、そんな住宅ローンですが、これは当たり前かも知れないけれど、そもそも家を買いたいと思っても、自分たちのお金だけでは買うことができないから、金融機関からお金を借りることがサービスっていうことですね。

家を買いたいと思っても、数千万円ものお金を現金で用意できる人は圧倒的に少ないからこうした商品があるっていうわけ。

そこでこれまた超がつくほど当たり前のことなんだけれど、借りたものは当然返さないといけないよね。

しかも数千万円のお金を。

これが意味するところは、何十年にもわたって返済していかなければいけない借金であるってこと。

借金っていうのは返せなくなるとどうなるかといえば、ずばり破産をしてしまうことになります。

自分たちの財産がなくなってしまうっていうこと。

だから、何が言いたいのかっていうと、住宅ローンを借りるということは、そうならないようにあらかじめ計画をたてておくことがとtめも重要。

誰でも返済計画ぐらいはたててるよ、っていう声が聞こえてきそうだけれど、これが実はやっているようでやってない事が多いんだよね。

特にこれから必要となるであろう、教育関係の資金や老後関係の資金までを考えて、つまりライフプランにそって住宅ローンを組んでいる人はごくわずかだと思う。

こうしたことを住宅ローンの返済計画とセットで考えることはとても重要なんだけれど、どうもそうした情報というのはとても少ない印象を持っています。

ただ、こういう考えを持ったサイトもたまにはあります。

住宅資金、教育資金、老後資金の3つは、人生における3大資金と言われる事がありますが、これから住宅ローンの借り換えをしていこうと考えているのであれば一度この人生における3大資金についてじっくりと考えてみませんか?

住宅ローンを借り換えようとするときには、どうしても目先の低い金利に目がいってしまうものですが、こうした事を考えることできっと今まで気づかなかった問題にも気づくことができるようになると思います。

引用【住宅ローンの借り換え無料講座】ライフプランと見直し対策!

資金的に家を買うぐらいのお金は十分にある、という方は除いて、普通の一般的な家庭であれば、やはりこうしたいわゆる3大資金をじっくりと考えることはとても重要だと思いますね。

体の疲れにはビタミンBがいいみたい

火曜日, 4月 14th, 2015

普段仕事などで頑張っているときにどうしても、踏ん張りが効かないときというのはあるものだと思います。

疲れがたまっているとき、それにちょっと体の調子が悪い時など。

そんなときにはビタミンBがものすごくいいみたいですね。

よく栄養ドリンクなどに配合されているタウリンが豊富なものは良い、みたいなことが言われることもありますが、知り合いの薬剤師に聞いたところやっぱりビタミンBがつかれたからだにはいいんだそうです。

そして、そんなビタミンBは今ではサプリメントなどでも摂取できることが多いと思いますが、できることなら医薬部外品とかの錠剤の方がいいみたいですね。

成分が凝縮されている分からに吸収されるということで。

サラリーマンを目指さない小学生

土曜日, 4月 4th, 2015

今小学生の間では将来なりたい職業にサラリーマンという選択肢はないんだそうですね。

これは今現在サラリーマンをしている人たちからするとちょっと残念な気持ちになってしまうような結果だと思いますが、その原因というか理由はどこにあるのでしょうか?

多くの子供たちの親特に、父親はおそらくサラリーマンだと思うのですが、その生活を見ているなかで魅力的に感じることがあまりない、というのが実際のところだと思います。

そんな状況にあるなかでは、サラリーマンの人たちとしては、何かアクションを起こしてほしいものですね。

目指すだけの価値はここにもあるんだぞ!っていう感じで。